• 職業訓練で失業保険をもらえる日数が増える

    コメントは受け付けていません。
    15 12月 2015 /  未分類

    失業していて、再就職を目指す人を対象に実施されている施策のひとつに「職業訓練」があります。
    職業訓練で技術を身につけたり資格を取ったりすることで、再就職につなげることが職業訓練の目的です。

    さて、職業訓練には、それ以外にも大きなメリットがあります。
    1.職業訓練の終了日まで、失業保険をもらい続けることができる

    具体例をあげてみてみましょう。
    失業保険が本来90日しかもらえない人であっても、職業訓練が半年の場合。
    職業訓練が終了する半年後まで、失業保険が延長されます。

    なぜかというと、職業訓練は仕事をしながらでは通えない時間帯に実施されているからです。
    その期間、生活費の心配をせずに技能の取得に専念できるよう、生活費として失業保険の支給が延長されるのです。

    2.自己都合退職したときに課される、3か月失業保険がもらえない給付制限期間が解除される。
    具体的には、職業訓練の講座スタート初日に、給付制限期間が解除されます。

    この講座スタート時に3か月の給付制限期間中だったとしても、失業保険をもらえるようになるのです。

    ちなみに、職業訓練校は誰でも入校が認められますが、こういった失業保険関係の特典が受けられるのは離職者だけです。

    職業訓練は1年を通じて募集が行われています。
    募集が多いのは、1月、4月、9月です。

    多くの職業訓練の期間は3か月~6か月の期間に収まっています。
    しかし、中には10か月や、1年、2年といった長期の職業訓練コースも存在します。

    ちなみに、1年以上の訓練期間がある職業訓練については、その開校日が4月に集中しています。
    会社を辞めた時期によっては、こういった長期の職業訓練に申し込もうと思ってもまったく募集が行われていないというケースも十分に考えられます。

    なお、職業訓練コースは募集から締め切り、選抜試験と、実際に講座が開講するまでには2か月程度のタイムラグが存在します。
    今日申し込んで、「では、明日から職業訓練スタートです」というわけにはいかないのです。

    このように、退職後に職業訓練に通おうかと考えている人は、退職時期にも気を付ける必要があります。
    特に1年以上の長期コースはタイミングがシビアで、スタート時期が4月と考えると、退職時期を1~2月に設定しないと日程調整が難しいでしょう。

    職業訓練は間口が広く、ほとんどの講座では学歴不問となっています。
    ごく一部のコースで高卒資格が必要となりますが、これも少数派ですので、あまり気にする必要はないでしょう。

    選抜試験は学力検査もありますが、決め手となるのは面接です。
    1.資格をとって 2.どのような仕事に就きたいのか
    という流れで志望動機を語るのが基本になります。

    どのような職業訓練コースがあるかは、ハローワークや都道府県の能力開発課に問い合わせてみましょう。

    職業訓練の攻略方法については、下記のサイトが詳しいので興味がある方は参考にされてみてください。
    失業保険と会社の辞め方―職業訓練

  • 成功報酬の割合をはっきり聞く

    コメントは受け付けていません。
    26 6月 2015 /  債務整理

    債務整理を専門家に依頼する場合、
    どのくらいの借財を整理したいのかによって
    専門家へ支払う報酬は変わってきます。

    事件として捉え、どれくらいの金額の仕事をするのか
    ということで報酬額が違ってくるのです。

    最近テレビでよく見るのが
    過払い請求のことで、複数の法律事務所などのCMです。

    戻ってくる可能性がある。
    ということを言っていますが、戻ってこない可能性もあるということを知りましょう。
    もしも戻ってこないとなれば、その時にはいくら払ったらいいのか
    はっきり聞くことも大切です。

    過払い請求では成功報酬として20%程度だとされています。
    もしも25%を超える報酬を提示されたとしたら
    そこにお任せしないほうが良いと言えます。

    事務所によって報酬率は曖昧となっていました。
    しかし現在ではほぼ統一されていると言われていますので、
    20%から25%の範囲内なら安心してお任せできると思うのです。

  • 銀行で借りてまとめて返済

    コメントは受け付けていません。
    25 5月 2015 /  未分類

    複数の借金があるのなら、
    もしもその額が100万円未満だとしたら
    銀行でまとめ返済ができないか相談をしてみましょう。

    数十万から100万円というお金を貸してくれるのか?

    それは銀行で審査をしますし、あなたの信用度が関わってきます。

    きちんとした会社で安定した収入がある、それから
    その銀行に口座があり、給与がそこに振り込まれているとなれば
    まとめ返済ができる可能性があります。

    まとめ返済のメリットは、複数社あった債券会社への支払いがなくなるということで、
    銀行からお金を借りて全ての最県外者への支払いをしますので、
    返済先は利息の低いその銀行のみということになるのです。

    おまとめローンという商品が幾つもあります。
    でも一番楽な返済方法を選ぶとしたら、あなたの給与が振り込まれる銀行のほうがベストと言えます。

    楽に完済できるプランを作ってもらえば
    返済で苦しむことはありませんし、
    債務整理をせずに済むのです。

  • 失業保険

    コメントは受け付けていません。
    06 5月 2015 /  未分類

    借金がかさむと、仕事も手に付かなくなる方がいます。

    一番怖いのが「電話」だと思いますが、
    職場へはかけないように言いましょう。

    社内の人に知れ、退職する羽目になったら、
    それはきちんと記録をしておきます。

    やって欲しいのは、失業保険を受けながら
    転職活動は勿論、無料法律相談を受けることです。

    仕事をしないことには返済は不可能ですので、
    躊躇せずに相談をし、失業保険内で認められている範囲の
    アルバイトをすることです。

    相談内容は、自分に合った債務整理を聞くことと、
    借金に至った経緯、失業に至った経緯を話してください。

    もし、借財の整理方法が見つかって書類を作成することになると、
    職場でのことも詳細に書きましょう。

    脅しのような行為は、相手にとって不利になります。

    最初に書きましたが、職場への電話をお断りするのも、
    あなたの大事なアクションのひとつです。

  • 全てを洗出

    コメントは受け付けていません。
    08 3月 2015 /  債務整理

    借金の支払で困っている時に考えるのが債務整理ですが、
    その際、これまで借りてきた借金のことも思い出しながら
    全てを洗出してください。

    完済している借金でもグレーゾーン金利があれば
    過払い請求ができることと、裁判所への提出漏れをすることで、
    その金融会社から請求が来る可能性もあるからです。

    最近のことですが、ある法律事務所からはがきが来る方が増えているそうですが、
    中には詳細は書かれれておらず、借金返済のことで依頼を受けたことだけが書かれているそうです。

    その文章の中にはクレジット会社や金融会社の名前の記載はあります。
    ですので、借りたことのないところなら無視をしても良いのかもしれませんが、
    もしもそれがあなたがこれまで借りたことのある債権者なら注意が必要です。

    そのためにも書類は残っていなくても、
    覚えのある金融会社の名前を上げて専門家に相談をしてください。
    そうすることで依頼を受けた法律事務所は調べて取引明細請求をしてくれます。

  • 財布整理

    コメントは受け付けていません。
    21 1月 2015 /  未分類

    債務整理と引っ掛けているわけではありませんが、
    計画的にお金を使う癖をつけることで
    借金に苦しむことはないと感じています。

    私自身、少ない家計費を細かくやりくりしてた時代がありました。
    使えるぶんをお米や日用品を除いた額を1日で計算したら
    なんと5人家族の1日の食費は700円という厳しいもの。

    でも小分けすることでやりくりができていたのです。

    その時に行ったのが財布整理というもので、
    財布には1日に使える小銭だけを入れます。
    家計簿が続かないという方にもおすすめの方法で
    レシートは買ったその日に捨ててしまいましょう。
    残った小銭は貯金箱に入れる方式でやっていくのです。

    ある方の話では
    財布の中がゴチャゴチャしている方ほどお金が出て行く
    お金の居心地が悪いとありました。
    これはまさしくそのとおりだと実感したものです。

    銀行で細かく両替してくるのは面倒ですが、
    お釣りとして戻すという方法でも可能ではあります。

  • 家族が支払う義務はない

    コメントは受け付けていません。
    28 11月 2014 /  債務整理

    あなたが借金を抱えている場合、
    保証人になっている人がいなければ、
    家族だってあなたの借金を払う義務はありません。

    「保証人になっていなければ」という前提ではありますが、
    キャッシングローン、それからあなたがクレジットで買物をしたもの、
    ローンを組んで買物をしたものなど全てです。

    家などであれば連帯保証人は必ず必要です。

    もしもあなたが離婚をし、その後、自己破産手続きをした場合、
    連帯保証人の連絡先を聞かれます。
    連絡がつけばその方が借金を払わなければなりません。
    しかし、連帯保証人との連絡が全くつかない、どこにいるのかもわからない
    となった時には、家を手放し、債権者に売ったお金が行き、
    残った借金を自己破産するということになります。

    家族が肩代わりされている方も多いでしょうが、
    これは本人のためになりません。
    家族が払ってくれるからといって、借金を繰り返していくようになるのです。

    もう一度言います。
    連帯保証人になっていなければ、可愛い自分の子の借金は
    肩代わりしないようにすべきです。

  • できれば1人で行こう

    コメントは受け付けていません。
    14 10月 2014 /  債務整理

    債務整理の相談は、できれば1人で行くようにしましょう。

    なぜ1人で行くのが良いのかというと、
    誰にも知られたくないという場合、誰かと一緒で相談の席につかせないとしても
    なぜ弁護士事務所へ?なぜ司法書士事務所へ?
    という疑問を抱かせるため、話さざるを得なくなるのです。

    信頼できる人に話してついていってもらったとしても、
    それを知られたという後ろめたさと、
    その方があなたのことをどう思われるかという部分もあります。

    もし仮にあなたが贅沢な暮らしをしていた、
    しかもそれは借金をこさえて作り上げた嘘の暮らしとなるため
    あなたへの信用度が落ちてしまうのです。

    嘘で塗り固めた生活。
    自己破産をした後であれば、それはもう叶いません。
    嘘で塗り固めたあなたをこれまでの友達が受け入れてくれるか
    というのも正直わかりません。
    周囲の方々がお金持ちだとしたらあなたは贅沢の出来ない暮らしの中で
    これまでどおりお付き合いしていくことができるでしょうか?
    同じことを繰り返さないとも限らないのです。

  • お金が無いための不幸

    コメントは受け付けていません。
    14 9月 2014 /  自己破産

    世の中は所詮お金だと思っています。

    綺麗事を言っても最終的にモノを言うのはお金なのです。

    病気になった時、健康保険料が納められないため治療を受けられず
    そのままお亡くなりになられる方もいらっしゃいます。
    実はこの数年そのような方が多いと言われています。

    自己破産しても健康保険料や税金は払わなければなりません。
    義務として、それから医療を安く受けるために必要なのです。

    あるご家族の話ですが、
    お子様が亡くなったため、49日法要の後はお仏壇を買うことも出来ず、
    お墓を準備してあげることも出来ないため、
    別れた旦那様のご実家にその後をお願いしたというのです。

    そうです。

    もしも自己破産をしたとしたら、それらができなくなるのです。
    その方の誰かが自己破産をしたということではありませんが、
    お金が無いための不幸は「ある」ということなのです。

    お腹を痛めて産んだ子の供養をしたくても自分の手で出来ない。
    これほど辛いことはないと思いました。

    資産家でもなければ、お金は自分で稼ぐしか有りません。
    給料が少ないなら、給料が高い会社に転職するか、副業で上乗せ分のお金を稼ぐか、独立するかです。

    給与が高い会社に天昇するためには、より自分を高く売り込む必要があります。
    最初に履歴書を転職先に送付するときから、すでに戦いは始まっています。

    転職面接で評価される履歴書や職務経歴書はある程度パターン化されており、それを守っていない人から不採用になります。

    こちらのサイトを参考に、評価される転職履歴書・職務経歴書の書き方、コツを学んで下さい。

  • 制限が出ることを覚悟して

    コメントは受け付けていません。
    13 8月 2014 /  自己破産

    債務整理をすると、何かしらの制限がかかってきます。

    お金が借りられなくなる、ローンを組むことができないのは当たり前で、
    資格取得でも制限がかかるものがありますし、
    就職や転職でもその企業の借金を踏み倒した場合、
    そこに入職することができないこともあります。

    目指している夢があり、債務整理、とくに自己破産を考えているのなら
    その辺をよく考えてみましょう。

    過払い請求をするだけで借金の苦痛から逃れることだってできますし、
    過払い請求をしても個人信用機関に名前が乗ることはありませんので、
    頑張って返済できるならそのような道を選択しましょう。

    着実に返済していけるよう、生活費を確保し
    残りはすべて返済に当てるようにするのです。

    無駄な買い物をしなくてすみますし、食事だって節約し
    常に調理をして食べることで食事にかかる費用も抑えることができます。
    そうすることで、食べ物を粗末にしない知恵がつき、
    あなたの健康にも良い結果が得られるようになるでしょう。