• 14 9月 2014 /  自己破産 コメントは受け付けていません。

    世の中は所詮お金だと思っています。

    綺麗事を言っても最終的にモノを言うのはお金なのです。

    病気になった時、健康保険料が納められないため治療を受けられず
    そのままお亡くなりになられる方もいらっしゃいます。
    実はこの数年そのような方が多いと言われています。

    自己破産しても健康保険料や税金は払わなければなりません。
    義務として、それから医療を安く受けるために必要なのです。

    あるご家族の話ですが、
    お子様が亡くなったため、49日法要の後はお仏壇を買うことも出来ず、
    お墓を準備してあげることも出来ないため、
    別れた旦那様のご実家にその後をお願いしたというのです。

    そうです。

    もしも自己破産をしたとしたら、それらができなくなるのです。
    その方の誰かが自己破産をしたということではありませんが、
    お金が無いための不幸は「ある」ということなのです。

    お腹を痛めて産んだ子の供養をしたくても自分の手で出来ない。
    これほど辛いことはないと思いました。

    資産家でもなければ、お金は自分で稼ぐしか有りません。
    給料が少ないなら、給料が高い会社に転職するか、副業で上乗せ分のお金を稼ぐか、独立するかです。

    給与が高い会社に天昇するためには、より自分を高く売り込む必要があります。
    最初に履歴書を転職先に送付するときから、すでに戦いは始まっています。

    転職面接で評価される履歴書や職務経歴書はある程度パターン化されており、それを守っていない人から不採用になります。

    こちらのサイトを参考に、評価される転職履歴書・職務経歴書の書き方、コツを学んで下さい。

    Posted by someone @ 11:45 AM