• 職業訓練で失業保険をもらえる日数が増える

    コメントは受け付けていません。
    15 12月 2015 /  未分類

    失業していて、再就職を目指す人を対象に実施されている施策のひとつに「職業訓練」があります。
    職業訓練で技術を身につけたり資格を取ったりすることで、再就職につなげることが職業訓練の目的です。

    さて、職業訓練には、それ以外にも大きなメリットがあります。
    1.職業訓練の終了日まで、失業保険をもらい続けることができる

    具体例をあげてみてみましょう。
    失業保険が本来90日しかもらえない人であっても、職業訓練が半年の場合。
    職業訓練が終了する半年後まで、失業保険が延長されます。

    なぜかというと、職業訓練は仕事をしながらでは通えない時間帯に実施されているからです。
    その期間、生活費の心配をせずに技能の取得に専念できるよう、生活費として失業保険の支給が延長されるのです。

    2.自己都合退職したときに課される、3か月失業保険がもらえない給付制限期間が解除される。
    具体的には、職業訓練の講座スタート初日に、給付制限期間が解除されます。

    この講座スタート時に3か月の給付制限期間中だったとしても、失業保険をもらえるようになるのです。

    ちなみに、職業訓練校は誰でも入校が認められますが、こういった失業保険関係の特典が受けられるのは離職者だけです。

    職業訓練は1年を通じて募集が行われています。
    募集が多いのは、1月、4月、9月です。

    多くの職業訓練の期間は3か月~6か月の期間に収まっています。
    しかし、中には10か月や、1年、2年といった長期の職業訓練コースも存在します。

    ちなみに、1年以上の訓練期間がある職業訓練については、その開校日が4月に集中しています。
    会社を辞めた時期によっては、こういった長期の職業訓練に申し込もうと思ってもまったく募集が行われていないというケースも十分に考えられます。

    なお、職業訓練コースは募集から締め切り、選抜試験と、実際に講座が開講するまでには2か月程度のタイムラグが存在します。
    今日申し込んで、「では、明日から職業訓練スタートです」というわけにはいかないのです。

    このように、退職後に職業訓練に通おうかと考えている人は、退職時期にも気を付ける必要があります。
    特に1年以上の長期コースはタイミングがシビアで、スタート時期が4月と考えると、退職時期を1~2月に設定しないと日程調整が難しいでしょう。

    職業訓練は間口が広く、ほとんどの講座では学歴不問となっています。
    ごく一部のコースで高卒資格が必要となりますが、これも少数派ですので、あまり気にする必要はないでしょう。

    選抜試験は学力検査もありますが、決め手となるのは面接です。
    1.資格をとって 2.どのような仕事に就きたいのか
    という流れで志望動機を語るのが基本になります。

    どのような職業訓練コースがあるかは、ハローワークや都道府県の能力開発課に問い合わせてみましょう。

    職業訓練の攻略方法については、下記のサイトが詳しいので興味がある方は参考にされてみてください。
    失業保険と会社の辞め方―職業訓練

  • 銀行で借りてまとめて返済

    コメントは受け付けていません。
    25 5月 2015 /  未分類

    複数の借金があるのなら、
    もしもその額が100万円未満だとしたら
    銀行でまとめ返済ができないか相談をしてみましょう。

    数十万から100万円というお金を貸してくれるのか?

    それは銀行で審査をしますし、あなたの信用度が関わってきます。

    きちんとした会社で安定した収入がある、それから
    その銀行に口座があり、給与がそこに振り込まれているとなれば
    まとめ返済ができる可能性があります。

    まとめ返済のメリットは、複数社あった債券会社への支払いがなくなるということで、
    銀行からお金を借りて全ての最県外者への支払いをしますので、
    返済先は利息の低いその銀行のみということになるのです。

    おまとめローンという商品が幾つもあります。
    でも一番楽な返済方法を選ぶとしたら、あなたの給与が振り込まれる銀行のほうがベストと言えます。

    楽に完済できるプランを作ってもらえば
    返済で苦しむことはありませんし、
    債務整理をせずに済むのです。

  • 失業保険

    コメントは受け付けていません。
    06 5月 2015 /  未分類

    借金がかさむと、仕事も手に付かなくなる方がいます。

    一番怖いのが「電話」だと思いますが、
    職場へはかけないように言いましょう。

    社内の人に知れ、退職する羽目になったら、
    それはきちんと記録をしておきます。

    やって欲しいのは、失業保険を受けながら
    転職活動は勿論、無料法律相談を受けることです。

    仕事をしないことには返済は不可能ですので、
    躊躇せずに相談をし、失業保険内で認められている範囲の
    アルバイトをすることです。

    相談内容は、自分に合った債務整理を聞くことと、
    借金に至った経緯、失業に至った経緯を話してください。

    もし、借財の整理方法が見つかって書類を作成することになると、
    職場でのことも詳細に書きましょう。

    脅しのような行為は、相手にとって不利になります。

    最初に書きましたが、職場への電話をお断りするのも、
    あなたの大事なアクションのひとつです。

  • 財布整理

    コメントは受け付けていません。
    21 1月 2015 /  未分類

    債務整理と引っ掛けているわけではありませんが、
    計画的にお金を使う癖をつけることで
    借金に苦しむことはないと感じています。

    私自身、少ない家計費を細かくやりくりしてた時代がありました。
    使えるぶんをお米や日用品を除いた額を1日で計算したら
    なんと5人家族の1日の食費は700円という厳しいもの。

    でも小分けすることでやりくりができていたのです。

    その時に行ったのが財布整理というもので、
    財布には1日に使える小銭だけを入れます。
    家計簿が続かないという方にもおすすめの方法で
    レシートは買ったその日に捨ててしまいましょう。
    残った小銭は貯金箱に入れる方式でやっていくのです。

    ある方の話では
    財布の中がゴチャゴチャしている方ほどお金が出て行く
    お金の居心地が悪いとありました。
    これはまさしくそのとおりだと実感したものです。

    銀行で細かく両替してくるのは面倒ですが、
    お釣りとして戻すという方法でも可能ではあります。

  • おまとめローンと繰り上げ返済

    コメントは受け付けていません。
    13 10月 2012 /  未分類

    複数の消費者金融から借り入れ、債務整理を考えるまでになると
    返済に困っている状況となっているはずです。

    借金の整理の中でブラックリストに乗らないのは
    過払い請求だけとなっています。

    他の方法ではブラックリストに乗ってしまいますので、
    社会的リスクはついてきます。

    もしおまとめローンにすることで返済が可能になるのなら、
    過払い請求のみをおこし、銀行などでおまとめローンの申し込みをしましょう。

    過払い請求をした結果、毎月の返済額が軽くなり余裕ができた時には
    繰り上げ返済をすればいいのです。

  • いざ行動しようと考えると

    コメントは受け付けていません。
    31 5月 2012 /  未分類

    債務を整理する時に必要な書類などの手続きはほとんどの方は知りません。

    当然債務整理をしょっちゅうするわけではありませんので当然のことですね。

    そこで、専門に取り扱ってくれる弁護士や司法書士などが必要になってくるのです。

  • すでに過払い状態になっていないか

    コメントは受け付けていません。
    29 2月 2012 /  未分類

    サラ金はこれまで、法定金利の上限(年利15%~20%)を大幅に超える違法な高金利を取ってきましたから、そうした違法金利込みの返済を長い間頑張って続けてきた方は、法律の範囲内で支払うべき債務額の返済を既に終わっていることがあります。

    それに気づかず、その後も支払い義務のない返済を続けてきた部分は払い過ぎになっていますから(過払い)、これをサラ金から逆に支払わせることができるわけです。

  • 回収業者の手口

    コメントは受け付けていません。
    29 2月 2012 /  未分類

    サラ金の取り立てというものは、大変に厳しく、恐ろしいものです。

    多重債務に関する無料法律相談を日々実施していますが、サラ金の厳しい取立てに疲れ果て、呆然とした状態で来所される方も珍しくありません。

    長い間サラ金との取引を続けてきた優良顧客であっても、ひとたび支払が滞れば容赦ない督促の電話が鳴り始めたり、「判決に基づき強制執行」「社会的信用を喪失」などと恐ろしい内容の最終通告書が送りつけられたりするなど、生々しいお話を耳にすることもしばしばです。

  • 保証人の問題

    コメントは受け付けていません。
    31 1月 2012 /  未分類

    借金をする際に、保証人をつけている場合は注意が必要です。
     
    任意整理には、保証人への「取立禁止効果」などが適用されないため、支払いの義務が保証人へ移ることになります。
     
    また、その支払いは一括で請求されるため保証人にも、おおきな迷惑をかけることになってしまいます。

  • 一本化で楽に返済

    コメントは受け付けていません。
    25 12月 2011 /  未分類

    債務の一本化をすることで返済が大幅に楽になる事になります。

    金利の高い複数の債務を低い金利の銀行に一本化するというものです。

    この方法であれば、月々の支払が10万円を超えるものであれば、半分程度で済ませることができます。

    しかし、支払い期間は長期になってしまうデメリットもありますが、メリットの方が大きいでしょう。